20代なのはな夫婦、妊活始めました

ふと受診した婦人科でPCOSが判明。通院しながらの妊活が始まりました。不妊治療のこと、夫とのこと、不妊治療・妊活のリアル。

【子宮内膜症】症状や治療法は?

f:id:nano-hana01:20190827153252j:plain

今や、日本人女性の初産の平均年齢は30歳を超えました。

産婦人科はいつも混んでいて

不妊外来の必要性も高まっています。

 

子宮内膜症とは

 概要

 子宮内膜症原因はわかっていません

本来子宮の内側にあるべき子宮内膜がそれ以外の場所に存在し、増殖・剥離を繰り返す病気です。

子宮内膜から剥がれ落ちた子宮内膜組織は、月経時に体外にで出ますが、子宮以外で増殖した組織は体内に出ることなく、炎症や痛み・癒着を起こします。

内膜症ができやすいところは、卵巣、卵管、ダグラス窩などです。

20代から30代の女性に発症することが多いとされています。

 

 

www.nanohana-kounotori.work

 

 

症状

代表的な症状としては、

痛み

不妊

が挙げられます。

他にも、

月経困難症

慢性下腹痛

性交痛

排便痛

腰痛

などが見られ、人によっては発熱や下痢・嘔吐といった症状が現れる方もいます。

 

検査方法

内診

超音波検査

直腸診

MRI

腫瘍マーカー

腹腔鏡検査

血液検査

 

 

治療法

大きく分けると、お薬による治療家手術による治療となります。

症状の種類、重症度、年齢、妊娠を希望するかどうかなど、個人によって変わってきます。

痛みが強い場合は鎮痛剤を使用することがありますが、鎮痛剤でも痛みのコントロールができない場合には、低用量ピルを使用します。

ピルの代わりにホルモン剤の使用を検討することもあります。

ピルまたはホルモン剤を使用しても効果が認められなかった場合には、偽閉経療法を用います。

 

重症化し、チョコレート嚢胞が認められる場合は、手術を考慮します。

手術の場合、妊娠を望んでいる場合は病巣部のみの切除

妊娠を望まない場合は、子宮、卵巣、卵管などを摘出することもあります。

 

妊娠、不妊治療が子宮内膜症の改善につながることもあります。

妊娠・出産を経験すると子宮内膜症が軽くなることもありますが、子宮内膜症の方は不妊症になりやすいため、注意が必要です。

 

子宮内膜症と診断されて

 

 私が子宮内膜症と診断されたのは20歳の春でした。

症状は

・生理不順

・性交痛

・経血が多い

 

でした。

家の近くのクリニックに行ったのですが、そこで子宮内膜症と診断されました。

しかし、私は軽い内診のみで軽い子宮内膜症と診断されてしまいました。

当時妊娠について考えることもなく

知識もなかった私はそれで納得してしまったのですが、

のちに違う病院で血液検査と内診をしたところ

子宮内膜症ではないと診断されました。

しかし、そのころすでに低用量ピルを3年服用しており、

それによって子宮内膜症が改善されたのかは不明ですが、

病院の先生に

「ずいぶんいい加減に診断されたんだね」

と言われ

ちゃんと検査してくれるところに行っていればよかった

と後悔しました。

幸い、新しい病院の先生にとても親切にしていただけたので良かったのですが、

将来の出産にも響く病気ですので

信頼できる病院での検査をお勧めします