20代なのはな夫婦、妊活始めました

ふと受診した婦人科でPCOSが判明。通院しながらの妊活が始まりました。不妊治療のこと、夫とのこと、不妊治療・妊活のリアル。

【PMS(月経前症候群)とは?】原因と対処法

f:id:nano-hana01:20190925150015p:plain


生理前だからイライラする

お腹が痛い

頭が痛い

 

 

こんな症状ありますよね。

 

もしかしらその症状

よくなるかもしれませんよ♩

生理前の諸症状はPMS!?

 

月経開始前に体調の変化が起こる女性は多いと思います。

ちょっとした違和感や体調不良であれば問題ありませんが、

ひどい下腹部痛や激しい感情の起伏などで

悩んでいませんか?

 

生理前の体調不良が起きることを

月経前症候群PMS)』と呼び、

多くの女性がいずれかの症状を抱えているといわれています。

 

 

www.nanohana-kounotori.work

 

PMSとは

 

月経前に起こる体調不良や感情のコントロールが付きにくいなどの症状

また、甘いものが食べたくなるのもPMSの症状です。

 

症状は実に様々で、

痛みやめまいなどの身体的な症状

イライラや不眠などの精神的な症状

 

個人によって大きく違いがあります

 

原因としては、

詳しいメカニズムは解明されていないものの

ホルモンバランスの乱れによるものと考えられます。

女性のホルモンバランスは、

月経周期と大きく関係があり

時期によってさまざま症状を引き起こします。

 

PMSの検査とは

 

 主に問診となる場合が多いそうです。

念のため、

基礎体温表を持っていくとスムーズに診療が進むでしょう。

血液検査をすることもあるようです。

 

また、問診をしていて

他の婦人科系の疾患の可能性などがあった場合は

内診になることもあるので

スカートをはいていくことをお勧めします。

 

 

www.nanohana-kounotori.work

 

 

治療法

 

PMSはホルモンバランスの乱れによっておきますので、

病院ではホルモン剤を処方します。

 

主に

低用量ピル

漢方薬

ビタミン剤

など 

 

 

自分でできる改善方法

食生活を見直す

 

外食やコンビニのお弁当などを避け

栄養が偏らないようにしたり

3食きちんと食べるようにしましょう。

 

詳細としては

カフェインやアルコールの摂取を控える

塩分の過剰摂取を控える

 といったもの。

 

不足しがちな栄養素はサプリなどで補うと◎

 

適度な運動

 

 適度な運動によって血流がよくなると

PMSだけではなく

肩こりや腰痛、むくみの解消にもつながります。

 

激しい運動をすると長続きしにくくなるため、

無理のない範囲で

ヨガやストレッチをお勧めします。

 

副交感神経を優位に

 

ストレスや緊張は女性ホルモンにも影響します。

そのため、自分に合ったストレスの発散方法を探したり

趣味に没頭する時間を設けるのが良いでしょう。

リラックス効果のあるアロマやハーブティーを試すなど

できるだけストレスのない生活を心がけてみてください。

 

つらいならまずは病院へ

 

私もPMSがひどく

月経中よりも月経前のほうが

体調が悪いなんてこともありました。

 

低用量ピルを服用してからはだいぶ症状も収まり

本当に楽になったのを覚えています。

 

PMSが辛い、しんどい

と思ったら

病院で診てもらうことをお勧めします。

 

PMSで受診し、

ほかの疾患が見つかることもありますので

我慢せずに自分に合ったやり方でPMSを改善しましょう。

 

 

 

www.nanohana-kounotori.work