20代なのはな夫婦、妊活始めました

ふと受診した婦人科でPCOSが判明。通院しながらの妊活が始まりました。不妊治療のこと、夫とのこと、不妊治療・妊活のリアル。

【レポ】卵管造影検査とは?方法や痛み、費用、注意点など

f:id:nano-hana01:20191121135123p:plain


www.nanohana-kounotori.work

 

卵管とは?

f:id:nano-hana01:20191119170514j:plain

https://www.ferring.co.jp/infertility/femalebody/

 

卵管は卵巣と子宮をつなぐ役割を持っています。

長さは7~12センチほどです。

卵巣から腹腔内に排卵された卵子を子宮へ輸送するとともに

卵子精子が受精する場所です。

受精卵は分裂を繰り返しながら

卵管内を通って子宮に運ばれ

子宮内膜に着床します。

 

卵管の問題

 

卵管が詰まっている

卵管が傷ついている

クラミジアによる癒着で通過障害が起きている

 

など卵管に問題がある場合

卵子精子は出会うことができません。

 

卵管に異常はないかを検査するものが

卵管造影検査です。

 

卵管造影検査でわかること

 

造影剤を使用します。

卵管の狭い部分は、

正常でも1mm程度しかありません。

これが、感染や炎症などによって

もっと狭くなってしまっていることを卵管狭窄

ふさがってしまっていることを卵管閉塞と言います。

癒着がある場合もあります。

これらのケースが見られる場合は

卵管が原因の不妊であると診断されます。

この場合は、タイミング法による妊娠の可能性は低く、

多くの場合が体外受精となります。

 

また、子宮の形状も確認することができます。

 

この検査で異常があると、

投薬や注射による治療が無駄になってしまうので

なるべく早くこの検査をすることをお勧めします。

 

 

検査方法

 

まずは、クラミジアなどに感染していないか確認するために

血液検査を行います。

異常がなければ、月経から排卵期までに行います。

なお、経血の量が多い時は

検査できないので

月経の終わりかけから排卵までと思ってもらえると間違いありません。

 

まず、子宮口から子宮内にカテーテルを入れます。

それから造影剤を注入します。

 

レントゲンの撮影は2回行います。

 

1回目は左右の卵管を造影剤が通過して、

腹腔内に流出している様子がわかります。

流出していない場合、卵管が詰まっている可能性があります。

2回目は、造影剤が腹腔内できちんと広がっているかを確認します。

30分くらい待合室で待機してからの撮影です。

拡散していない場合は、癒着の疑いがあります。

 

病院によって、2回目の撮影を翌日にするところなどもあるようです。

 

実際に検査を受けてきた

 

注意事項

まず、検査の前に言われた注意事項を整理します。

 

・当日は、スカートで来ること(内診台の上で検査するため)

・出血する可能性があるのでナプキンをつけてくること

・検査から数日は出血があるかもしれないこと

・検査で気分が悪くなる人がいるので、直前に食事をしないこと

 

です。

リセットが来てから7日目に検査しました。

 

調べていると、検査の後ガーゼを入れ、

後で自分で引き抜くといった病院がありましたが

うちの病院では特にそのような処置はありませんでした。

 

痛み

卵管造影検査を受ける人が最も気になるのは痛みのことだと思います。

 

よく、生理痛のような痛み

とたとえられますが

 

え!?今生理きた!?

って錯覚するくらい

生理痛の痛みそのままでした笑 

 

異常がなければ、1分ほどで検査は終わります。

その1分、おっもーい生理痛に耐えれば

後はとくに何もありません。

 

気分が悪くなってしまう人や

検査後、腹痛が続く人

出血がある人もいるそうですが

私の場合はありませんでした。

 

費用

卵管造影検査自体は保険適用ですが、

造影剤やカテーテルは自費負担となります。

卵管造影検査で4,200円

造影剤・カテーテル代で3,300円

感染症防止の抗生物質(1日3回3日分)1,300円

 

合計で8,800円でした。

 

うちの病院はそこまで高いわけではないと思います。

病院によって費用には差があります。

 

卵管造影の前に受けた血液検査は3,000円ほどでした。

 

感想

 私の病院では、

スタンバイしている間に

卵管造影検査を受けたことがある看護師さんが

隣で話をしてくれていました。

 

重い生理痛みたいな感じ

1分で終わる

 

と言われ安心しました。

 

結構痛かったという人や

その後も痛みが続いた人がいたため

かなり怖かったですが

もし、卵管造影検査の時間が長い

強い痛みがある、残ってしまう人は

卵管になにかしらの異常がある人が多いそうです。

 

異常がない場合は、

あっという間に終わりました。

 

私は卵管のつまりはなく

左側が狭かったようですが

この検査で少し拡張したようでした!

卵管造影検査の嬉しい副作用

 

卵管に造影剤を流すことにより、

卵管が拡張します。

その期間は検査後3~6か月までとされており

その期間は妊娠率が上がるそうです。

検査しながら妊娠率も上げることができる

異常がなければ検査時の痛みさえ耐えれば

希望が見えますので

迷っている方は通っている医師にご相談してみてください。