20代なのはな夫婦、妊活始めました

ふと受診した婦人科でPCOSが判明。通院しながらの妊活が始まりました。不妊治療のこと、夫とのこと、不妊治療・妊活のリアル。

なのはな妊活記録part17~反応しない排卵検査薬~

f:id:nano-hana01:20200212144301p:plain



www.nanohana-kounotori.work

 

 

年明け卵胞チェック

 

いよいよ年が明け、

病院で卵胞チェックをしてもらえるようになりました。

 

年末年始は病院の予約がいっぱいでした。

長期休暇の前後は早めの予約をお勧めします。

 

 

この時D23

まだ排卵はしておらず

卵胞の大きさは31.8mmになっていました。

 

過去最高の大きさ笑

左からの排卵ですが

左の卵管は右より狭い私。

卵管通れるの過去のたまご笑

 

 

www.nanohana-kounotori.work

 

 

しかし、病院で行った排卵検査薬の線は薄め・・・

 

排卵間近と思われるのに

検査薬の反応が悪い場合は

排卵になってしまう可能性が高いそうです。

 

排卵検査薬は、LH(黄体形成ホルモン)の分泌量によって

線の濃さが決まります。

LHが多く分泌されている場合は強く反応します。

 

卵胞が育っていたとしても

検査薬の反応が悪ければ

黄体ホルモンが機能していないということになります。

 

ということで、急遽Hcg注射!

 

後の卵胞チェックで排卵済みであることが確認できました!

注射したその日のうちか翌日の排卵となります。

 

まさかの風邪

 

私は年始から風邪をひいていました。

 

熱はないものの咳が止まらず

市販薬も効かず

病院の薬も効かず

(妊娠していてもOKな薬を飲んでいました。)

 

 そのため今回は期待できないかな~と腹をくくって

お酒を飲まない

生ものは食べない

カフェイン気を付ける

温活する

など、高温期に気を付けたいことはなるべく気を付けてはいましたが

そこまで神経質にならずに過ごしていました。

 

風邪をひいてしまったときの

妊娠率の変化は私にはわかりませんが、

私が元気じゃないんだからたまごさんもきっと元気じゃないよね・・・

と思っていました

 

初めての不妊治療鍼

 

時系列が戻ってしまいますが、

卵胞チェック&注射の前日

私は初めての不妊治療鍼を受けてみました!

 

学生時代に数回お世話になっていた地元の鍼灸院さんで

 

・現在何周期目か

・現在はどういう状態か(低温期、排卵前、高温期など)

不妊の理由は何と言われているか 

 

などをお話しし、

治療してもらいました。

 

先生が私のお腹を触ったとき

「左の卵管狭いって言われてません?」

と言われ

軽く戦慄しました・・・!!

 

その一言で完全に信頼しきってしまい

されるがまま治療されてきました笑

 

「強いたまごにするからね!

数が少なくても質さえよくなればいいんだよ!」

 

と言ってもらえてとてもうれしかったです。

 

今周期は

旦那はもちろん

家族や鍼灸院の先生など

たくさんの方に支えられました。

 

強くなったたまごよ、頑張れーーー!!